手紙や文具など、心惹かれるものについて書いていきます。
トラベラーズノート愛用者です。
イギリスの紙もの&外国ではパケ買い必至!
長らく続いてきたイギリスのお話も、今回が最終回です。
今日はイギリスで買った、紙ものやおみやげについてです。

まずは、今回の旅で、私が一番飛びついたこちら。



ラベルシール色々〜!
ラベルシール好きとしては、たまらないラインナップです♪

特に前列のラベルシールたちは、郵便局に併設されている、
文具売り場で見つけた年代物!

何年、売れ残って放置されていたんだ!?と訝しがるほど
パッケージが傷んでいました...。

中身も若干、日焼けしているものの、それもまた、味。
そんなことは気にならないほど、この事務感なデザインがたまりません〜!

後列のラベルシールたちは、文具屋さんで見つけたもの&
郵便局で頂いてきた、エアメールシールです。




こちらも郵便局の文具売り場で見つけたものです。



中身は、チケットです♪

特に秀逸なデザインという訳ではないですが、旅ノートに使えるかなと
思い、購入しました。


続いては、日本ではあまり見かけない、こちらの紙もの。



チーズを包む紙です♪

さすがヨーロッパ!こんな紙が普通に売られていました。
チーズの他にも、パンを包む紙もありました。



中には、3種類の紙とラベルが入っています。
どれも素敵ですが、特に黄色のがお気に入りです♪


続いては、こちらも食品系の紙ものです。



これは、たぶん、ジャムなどの容器にかぶせるカバーとラベルです。
果物の絵柄が可愛いですよね♪

こちらは、ラッピングや手紙のコラージュに使えそうです。
形がレースペーパーに似ていますよね。

レースペーパーは、乙女な感じがして、何となく苦手なのですが(汗)
この果物柄なら大丈夫♪レースペーパ代わりに使おうと思います。




こちらは、おしゃれ系な雑貨屋さんで見つけた、スタンプと、
ペーパーストローです。

スタンプは使いやすい、アルファベットを選びました。
字体が素敵で、使うのが楽しみです♪

ペーパーストローは、日本ではあまり見かけない気がしますが
イギリスでは、様々な色のものが、あちこちで売られていました。
それで、使い道も考えず、ついつい買ってしまったという...

黒と白のストライプが格好良いですよね♪
「HAPPY BIRTHDAY」の文字入りなのも良いです♪


続いては、紙もの...と言っていいのか...



絆創膏〜!

これは完全にパケ買いですね...(笑)
缶のフタに「OUCH!」と書いてあるのが、購入の決め手でした。

肝心の中身も可愛くて、四角や丸などの変わった形の絆創膏も
入っていました。


私の買った紙ものは以上です。
この他にも、ポストカードやらカードやらも大量に買い、大満足です♪



さてさて。
海外と言えば、私にとって、文具屋、雑貨屋はもちろんのこと、
スーパーマーケットやドラッグストア巡りはかかせません。

日本では見かけない、パッケージや野菜、調味料を眺めているだけで、
なんであんなに楽しいのでしょうね(笑)

テスコ、セインズベリー、マークス&スペンサー、ブーツ...
毎日、色々なお店をフラフラ歩き渡っていました。

という訳で、おみやげにもぴったりな、可愛いパッケージのお茶や
お菓子を少しご紹介します♪

まずは、イギリスと言えばの...



紅茶♪

可愛い紙の箱のものも、たくさん売られてはいるのですが、
やはり、缶のものが可愛いです♪
かさばるのが難点ですが...



こんなミニサイズの紅茶もありますよ♪
郵便好きにはたまらない、ポスト型の紅茶です。
こちらは、正直、味はあまり期待出来なさそうですが、缶が可愛いのでよしとします!



お菓子の缶も可愛いものが多かったです。
いかにもイギリス!というデザインがいいですよね♪
右の、テレフォンボックス型のは、パンクのお兄さんが描かれているのがいいですね。



ロンドンバスのミニ缶も可愛いです♪
こちらも中身が...ですが、絆創膏や薬を入れて持ち歩くのに、
ぴったりなサイズです。



ロンドンな絵柄の金太郎飴〜!
こちらも、めちゃくちゃ可愛いです♪

...と、探せば可愛いパッケージがたくさんでした。
私が滞在していた時期はイースター前で、お菓子の特設コーナーが出来ており
このような可愛いお菓子をたくさん買うことが出来ました♪ラッキー♪

空港で買うよりも、安く買えるので、イギリスでのおみやげ探しは
スーパーマーケットをおすすめします。


▼おまけ▼



ザ!イギリス!な柄が可愛いです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
イギリス comments(0) -
ヨーロッパといえばサッカー!
リバプールと言えば、リバプールとエバートンという
2大サッカーチームを抱えている街でもあります。

という訳で!私も見てきました!エバートンのゲームを!

ここで、なぜエバートンを選んだかと言いますと、理由は単純で
チケットが簡単に取れたからです。

リバプールFCはやはり人気なようで、チケットを取るのにも
様々な条件が必要みたいで、諦めました。




じゃーん!これがチケットです!
インターネットで予約して2日後には、滞在していたアパートメントに
送付されてきました。

実際にチケットが届くと、テンションアップ!
試合の日が本当に楽しみで仕方ありませんでした。 


試合当日。
ユニフォームやマフラー、帽子などのエバートングッズを購入し、
準備万端です!

ちなみに、オフィシャルショップは、スタジアムの前にもあるのですが
試合当日は混雑するかも?と思い、リバプールワンという
ショッピング施設内にあるショップで事前にグッズを購入しました。

エバートンのスタジアム、グディゾンパークへは、クイーンスクエアという
停留所から、バスに乗っていきました。
このバスが、中々の曲者でして...

リバプール市内のバスは、「次は○○です〜」と停留所の名前が、一切
アナウンスも表示もされないのです...。
皆、どうやって目的地に向かうんだろうか...。

しかし、ゲームのある日は、サポーターらしき人がバス停でウロウロしている
ので、その人たちについて、バスの乗り降りをすれば、ちゃんとスタジアムに
行けます♪

ちなみに、バスは前払い。
運転手さんに目的地を告げ、言われた料金を支払います。
グディソンパークまでは2ポンドでした。



そうやって、サポーターらしき人たちについていくと、見えてきました!
グディゾンパークです!

さすが歴史のあるチームだけあり、スタジアムも年季が入っています。
それがとても良い雰囲気をかもし出していました。



有名な選手の像なのでしょうね(←無知)
マフラーでグルグル巻きにされていました(笑)

スタジアムの周りには、パブや屋台が多くあり、皆、ゲーム前に
腹ごしらえ&一杯やっています。
私たちは、一刻も早く、ピッチを見たかったので、早々に入場しました。



スタジアム内です!美しい!
ピッチと観客席が近くて驚きました。これはゲームが楽しみ♪



観客席もエバートンカラーの青一色です。

興奮して写真を撮りまくっていると、日本人が珍しかったのか?
(他に、2、3組ほど日本人らしき方を見かけましたけどね。)
スタッフの方に話しかけられました。スタッフの方も熱かったです。



試合開始45分前頃になると、選手達がピッチに入ってきて練習を始めます。
この時間になっても、観客席はガラガラです。
皆、ギリギリまでパブでビールを飲み続けるつもりみたいです(笑)

試合開始10分前頃になると、観客席にも人が入り始めます。
皆の熱気が急激に高まっていくのが、私も肌で感じられました。

そして、ついに!



試合開始!

私はエセサポーターであるにも関わらず、ゲームが始まったときは
周りの空気にあてられたのか、とてもとても感激してしまいました(苦笑)

ピッチと観客席が近いので、試合はとても見やすかったです。
そして面白かったのが、観客達の反応です。

席の場所にもよるのかもしれませんが、じっと座って、食い入るようにゲームを
見ています。皆、前のめりです(笑)

応援歌を歌ったり、ジャンプしたりとかは、しないのですねえ。
基本的には、じっと見て、時々、声援や野次を飛ばしたり(笑)していました。

そんなこんなで、ついに、この瞬間が!
後半36分、ルカクがゴール!!

じっと見ていた観客も、これには総立ちで大喜びです♪
このままエバートンがウェストハムに、1-0で勝利しました。
とても良いゲームでした♪

私は特に熱狂的なサッカーファンというわけではなく、
サッカーの試合も生で見たのは2度目という初心者ですが、
(2度目にしてプレミアリーグって、我ながらすごいなと思いますが)
とてもとても楽しめました♪

リバプールに来ることがあれば、サッカーを見ることをおすすめします!


...と、ここで味をしめた私。
せっかくなら、リバプールFCのホーム、アンフィールドも見てみたい!
と思ったのですね。

という訳で、行ってきちゃいました♪



じゃーん!こちらが、リバプールFCのスタジアム、アンフィールドです!
格好良いですね〜。

アンフィールドへ行くのも、クイーンスクエアから、あの曲者のバスに乗ります。
この日は、試合のなかった日だったので、周りにサポーターはおらず、
ドキドキしながらバスに乗りました。

というのも、この日は夫が仕事で、私一人で行ったのです。。。
冒険心が爆発した結果、です。

しかし、心配無用。割と簡単にスタジアムに辿り着くことが出来ました。
6番乗り場から、17番バスに乗り、17分ほどで、左手にアンフィールドが
見えてきます。

この日は試合がないにも関わらず、スタジアム前には観光客がたくさん!
さすが人気チームです。

さて、アンフィールドでは、スタジアムツアーというものが行われています。
そのツアーに参加すれば、約1時間、スタジアム内を見学することが出来ます。

事前予約が望ましいみたいですが、その場で簡単に申し込むことも出来ます。
せっかくなので、私もツアーに参加してみました♪

ツアーは30人ほどで回り、ガイドさんが熱心に説明してくれます。
もちろん英語なので、ちんぷんかんぷんですが、雰囲気は感じ取れます。



少しぶれぶれですが、プレスルームの写真です。

右がガイドさん、マイクの前に座っているのは、トマトケチャップ...
テンションが高いファンがいるみたいですね(笑)

しかしプレスルームは、思ったよりも随分とこじんまりしていることに驚きました。



ロッカールームも見ることが出来ます!
こちらも意外とこじんまり...

選手のユニフォームが飾られていますよ〜。
皆、お気に入りの選手のユニフォームの前で写真を撮っていました。
やはりジェラードが人気でした。



そしていよいよピッチへ!
この通路を通って、選手達もピッチへ向かうのかと思うと、ドキドキしますね。



きたー!美しいです!



エバートンの時も思いましたが、ピッチが本当に近いです。
試合ともなると、すごい迫力なのでしょうね〜。



芝生の緑と、チームカラーの赤が本当に綺麗です。
エバートンのエセサポーターのくせに、すっかり魅了されてしまいました。

感激の内、ツアーも終了です。
ツアー後は、ミュージアムでリバプールFCの歴史を見ることが出来ます。


...と、こんな感じで、サッカーを堪能してきました♪
思ったのは、イギリスの人達にとって、サッカーは身近な、日常的なものなのだなと。

別の日、リバプール市内のカフェで昼食をとっていたとき、
サッカーの試合開始と同時に、店内に中継の音声が、ガンガン鳴り響き始めました。
そして、店内の誰もがモニターに釘付け。

お昼からビールを飲み、サッカー観戦なんていいですよね〜。
それが当たり前のように日常に組み込まれているのが羨ましいと思いました。


さて。ここまで、手紙・文具ブログらしからぬ話題が続いていますが、
(しかもサッカーの話なんて、興味ある方は少なそうな...)
次回は、イギリスで買ったお土産や、紙ものの話をしようと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
イギリス comments(0) -
イギリスの記念切手
リバプール観光の日記がまだ途中ですが、今日は、手紙・文具ブログぽく、
イギリスの記念切手のことを書こうと思います。

先日、イギリスから出したお手紙の記事を、
このブログでも書きました。

その時点では、記念切手が郵便局で売られていない!買えない!と
言っていましたが、ここにきて進展が♪

めでたく、こじんまりとした郵便局で記念切手を買うことが出来ました〜!
小さい局の方が狙い目なのでしょうか?
他の大きな局では見ることが出来なかった様々な記念切手がたくさんありました♪

その中から厳選して、私は3種を購入しました。

まずはこちら。



子供向けテレビ番組のキャラクターシリーズです。

ちらほら、日本でも見たことのあるキャラクターがいますね。

絵柄が可愛いのはもちろんですが...



こうやって、実際にカードに貼ると分かりますが、
キャラクターが切手から飛び出ている仕様になっているんです♪
真四角な形も可愛いですよね♪

変わってこちらは、大人ぽい絵柄が素敵な...



船の切手です。
リバプールと言えば、港、そして船!
という訳でこちらを選びました。



こちらの白黒船切手もセットでした。
モノクロが格好良いです♪



早速、カードにぺたり。
まるで絵画のような美しさです。



切手の下には、それぞれの船の説明書きが書いてありました。
パッケージも凝っていて素敵なので、お土産にもいいかもしれません。

続いてはこちら。



機関車の切手です。
イギリスと言えば鉄道も有名なイメージがあったので...
こちらも格好良いですよね〜♪

この切手にぴったりなポストカードを持っていたので、早速合わせてみます。



使ったのは、こちらのロンドン地下鉄カード。電車つながりです♪
このポストカードは、リバプールの雑貨屋さんで購入しました。



先ほどご紹介した、子供向けテレビ番組シリーズ切手にも、電車柄があったので、一緒にぺたり。

海外からポストカードを送る時は、出来るだけ、色々な切手をぺたぺた貼って送るのが好きです。
海外の多種多様な切手を見られる機会は中々ないですから、嬉しいものですよね♪



手持ちのシールも貼ってみました。
ロンドン地下鉄シールとスーツケースを持ったおじさんシール(笑)

ロンドン地下鉄シールは、リバプールの雑貨屋さんで買ったものです。
帰国して、イギリス旅ノートを作る際にも役立つことでしょう。


以上、イギリスの記念切手でした。
ちなみに、私がイギリスから出したエアメールは総計18通でした。
うん、結構頑張った!

私とお手紙のやり取りをしたことのある方にはお送りしているので、
まだ届いていない方は、気長にお待ち下さい。

残念なのが、記念切手を見つけたのがイギリス滞在後半で、既にあらかたのエアメールを出した後だったことです...
うーん無念...!

▼豆知識▼
イギリスの記念切手には、78とか88などの金額(単位はペンスです)が書いてあるものと、
1st、2ndと書いてあるものがあります。

この1st、2ndは国内用(?)の切手で、この2つは配達にかかる時間が異なるらしく、1st切手は2nd切手より値段が高い分、早く届く、という仕組みのようです。

ここで一つ疑問が。
1st、2nd切手は、海外へエアメールを送るのに使えるのか??

郵便局で直接確認したところ、使えるようですね。
1st切手=60ペンス
エアメール=88ペンス
なので、差額の28ペンス分の切手を貼れば、1st切手もエアメールに使えるそうです。

私は面倒なので、手持ちの1st切手を2枚貼りしましたが...

以上、豆知識でした〜


▼おまけ▼

リバプールの観光地、アルバートドックで見つけたポスト♪



王冠が可愛いです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
イギリス comments(0) -
リバプール観光その2
リバプール観光の続きです♪


私の中でリバプールと言えば、港町。
そんな訳で、港町感を存分に味わえるスポットに行ってきました。



アルバートドックです。
ここは、リバプールの傍を流れる、マージー川沿いのレジャー地です。

この辺りは大規模な再開発が行われたようで、全体的にぴかぴかと新しく、おしゃれなレストランや、お店がたくさんありました。





こんな感じで船があったり...





赤レンガで出来た建物が並んでいたりと、おしゃれな雰囲気です。

日本の横浜赤レンガ倉庫的な雰囲気と言ったら分かりやすいですかね。
私は、横浜赤レンガ倉庫には行ったことがないのですが(汗)たぶん、そんな感じです(←こら)。


ここにはお店だけでなく、



テートギャラリーという美術館や...
(現代美術の展示がありました。前衛的過ぎて、よく分かりませんでしたが、迫力だけは感じることが出来ました。)



ビートルズストーリーという、ビートルズファンには堪らない展示や...



マージーサイド海洋博物館などの見所もたくさんあります。

海洋博物館には、タイタニックの展示もありました。



観覧車もありますよー。
ただ、この観覧車、すごい速さで回っていました。
どうやって乗り降りしているのだろうか...



ぶらぶら歩いていると、お菓子屋さんの前で、ビートルズを発見!
お菓子で出来たビートルズです(笑)

やはりビートルズは偉大なようで、あちこちでグッズが売られていました。


このアルバートドックが、リバプールの中でも一番観光地っぽかったです。
日中はたくさんの観光客で賑わっていました。
よそでは殆ど見なかった日本の方も、ここでは、ちらほら見かけました。

が、土曜の夜は、また雰囲気が違って、着飾った若い人達で活気が溢れていました。地元の若者かな?
夜はライトアップされ、中々素敵なので、格好のデートスポットなのでしょう。

しかし、この寒いのに皆の薄着なこと!
半袖、生足なのはもちろん、ヘソまで出してました。。。
寒くないのでしょうか...。


さてさて、見所の多い、アルバートドックですが、
その中で私一番のおすすめが、マージーフェリーでの遊覧です。

マージーフェリーという船に乗って、マージー川を50分かけて遊覧します。



マージー川から見たリバプールの街並み。
街歩きもいいですが、遠くから眺める街並みも、中々、オツなものです。



写真にも写り込んでいますが、フェリーが動き始めると、カモメの大群がついてきます。

風景ものどかで、のんびり観光地を楽しみたい方には、いいかと思います。


さて。リバプール観光も佳境に入ってきました。
リバプールと言えば、有名なスポーツチームを抱えている街でもありますね♪
次回は、そのことについて書きたいと思います♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

にほんブログ村



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村
イギリス comments(0) -
リバプールから出したお手紙
リバプール観光の話が途中ですが、今日は、リバプールからお送りした、お手紙の話です。

ロンドンから引き続き、お土産屋さんや雑貨屋さんでは、ポストカードに目を光らせていました。



観光地のべたな絵柄、リバプール編です。
リバプールと言えばの、ビートルズに関するカードもたくさんありました。

さて、べたなポストカードもいいけれど、可愛いイラストのものも欲しいところです。
というわけで、見つけましたよ〜!



これはかなり可愛いです!
特に...



こちらの食べ物イラストのポストカードがお気に入りです♪
このポップな色合いが堪りません。



こちらは、私の好きなものが詰め込まれたカード。
背景にはユニオンジャック、そしてポストにビール、そしてイギリス名物のフィッシュ&チップス!

せっかくなので、こちらのカードは、フィッシュ&チップスを実際に食べたときのイラスト入りでお送りしました♪



下書きなし、色ペンなしの不利な状況でしたが、フィッシュ&チップスに対する私の驚きは伝わるかと思います♪

普段の手紙は、マステやシールで飾り付けしていますが、黒ペンで文章のみ、下手なイラスト付きという手紙も、臨場感があっていいですね。

さて、お土産屋さんでは、ポストカードだけでなく、こんなものも見つけました。



外観からして、気に入ってしまい、即購入しました。
これは何かと言いますと...



木で出来たお手紙で、組み立てると飛行機になるという仕組みです。
エアメール×飛行機の組み合わせが素敵ですよね♪



付属の封筒も可愛いです!
外国から、こんなエアメールが送られてきたら嬉しいかなと思い、こちらもリバプールからお送りしました。

さてさて、その他にも...



リバプール市内のパブ一覧を描いたカードや...



リバプールの観光名所を描いたカードなんかもありました。
このシリーズは、モノクロのイラストが格好良くて気に入ってます♪



リバプールの全景を描いたカードも見つけました。
優しいイラストのタッチが、私の好きな7days cardsに似ている気がして、買わずにはいられませんでした。

にしても、ポストカードばかり明らかに買いすぎ(笑)せっせとお手紙を書こうと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

にほんブログ村



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村
イギリス comments(2) -
リバプール観光その1
さてさて、私がロンドンを離れ、どこへ向かったのか...



ロンドンのユーストン駅というところから電車に乗ります。

イギリスの丘陵地帯を眺めながら走ること、2時間と少し。

無事、目的地に到着です。







ライム・ストリート駅です。

そう!私はロンドンからリバプールにやって来たのでした〜!



今回、イギリスに来たのは、夫が仕事でリバプールに行くこととなり、

この機会を逃してなるものか!と、私もついてきたのでした。



こんな機会でもないと、リバプールなんて、一生、縁がなさそうですし、

今回、来ることが出来てよかったです♪



さて、リバプールと言えば、港町、サッカー、

そして、ビートルズぐらいしか、思いつかない私。。。

リバプールがどんな街か、歩き回ってみました!







どーん!







どどーん!







どどどーん!

こんな建物が、当たり前のように、そこら中に建っています。

さすがヨーロッパ!という感じです。



様々な建物がある中、一際、目立っていたのが、こちら。







リバプール大聖堂です。

この大きさ!びっくりしますよね〜。







これは、リバプール大聖堂を横から見たところです。

大分離れないと全景が写せないって...

とにかく、この大きさに圧倒されます。







変わって、こちらも大聖堂です。

え!?街中にいきなりスペースマウンテンが?と思ってしまいました...。

これは、メトロポリタン大聖堂です。

形がかなり変わっていますよね。その他にも...







こんなのや...







こーんな美術館や博物館が、ぼんぼんあります。

(一枚目がウォーカー美術館、二枚目がビクトリアギャラリー&ミュージアムです。)



これら殆どが無料で楽しめます!

貧乏暇旅行者には、本当に有難いスポットでした。



そして、リバプールと言えばの...







ビートルズ!

彼らの音楽はここ、リバプールから生まれたということで、

ゆかりの地が多くあります。







彼らがデビューを飾った、Cavern Clubや...







今でもビートルズの曲が生演奏されるという、Cavern Pubなど、

ファンには堪らないのでしょうね〜。



私は...世代ではないせいか?いまいちピンときませんでした(汗)

しかも、これらがある、マシューストリートは、平日昼間だったせいか、

人が全然いませんでした。。。



味があるといえば、そうなのかもしれませんが、

私みたいなちびっ子なんて簡単に拉致られる!と、びびってしまい、

早々にストリートをあとにしたのでした。



休日は、観光客でいっぱいになるでしょうから、

もっと違う雰囲気なのかもしれません。



さて、リバプールと言えば、もう一つのイメージが、港町です。

港町感を存分に感じられるスポットがあるのですが、

長くなりそうなので次回に続きます♪



にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

にほんブログ村



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村
イギリス comments(0) -
イギリスでの郵便活動

私が、ロンドンからどこに向かったか...
引っ張っておいて申し訳ないですが、その前に今日は、イギリスから出したお手紙や郵政グッズのことを書こうと思います。

今回も、旅先からお手紙を出すべく、お土産屋さんでは、ポストカードをくまなくチェックしました。



これらは、大英博物館の近くにあった、いかにも〜な、お土産屋さんで購入したポストカード。

ザ!ロンドン!な絵柄ですよね(笑)
旅先から出すお手紙は、こういうべたな絵柄のカードが気分です♪

さて、カードを入手したら、あとは切手です。
郵便局に行き、「日本へエアメールを出したい」と述べると、こんな切手とエアメールシールが出てきました。



やっぱり切手もエリザベス女王なんだ...
そして、随分こざっぱりしたデザインの切手なんだなぁという印象を受けました。

後で調べて分かったのですが、イギリスの切手には、国名が書かれていないのですね!
道理で、こざっぱりした印象を受けるわけだ!
何でも、イギリスは郵便発祥の地という理由で、国名を書いていないのだとか...さすが!偉大ですね...。

ちなみに、イギリスの郵便局は、窓口が、防犯のためガラスで覆われていました。
その様子がチケット売り場や宝くじ売り場のようで、面白かったです。

さて、郵便局では、他にこんなものも買いましたよ♪



パーセルボックス&封筒!
ちゃんと「Royal Mail」の印入りです。
赤色がとっても可愛いです♪
なので...



サイズ違いも購入♪かつ...



特別仕様(たぶん)も購入です♪
こちらも水玉とリボンがとても可愛いですよね♪

赤色のパーセルボックスは、郵便局ではもちろん、ショッピングセンターの文具売り場でも売られていました。
郵便局に行かなくても買えるのは便利ですね。


さてさて、箱と封筒もいいけれど、郵便局と言えば、イギリスの記念切手も色々欲しいところです。

しかし売り切れていたのか?私は買えませんでした(泣)
私の英語理解が正しければ、「売り切れて今はないわ、また来て!」的なことを言われたと思うのですが...残念!
(いや、それも早口で、よく聞き取れなかったのですが...)

そんなこんなでしたが、エアメールは早速、ポストに投函しました。



これが、イギリスのポストですよ♪王冠印が格好良いですね!
無事に日本に届きますように!


▼おまけ▼
べたな絵柄以外に、こんな柄のポストカードも購入しました。



カラフルポップで可愛いです♪
中でも、ロンドンの地下鉄路線図柄がお気に入りです。

イギリスには、カードショップがたくさんあり、また、スーパーマーケットにも、カードコーナーがちゃんとあって、いつもたくさんの人で賑わっていました。
なので、カード好きの私としては、かなりワクワク♪なのでした。



従って、買っちゃうよね〜(笑)
でも、意外と、イギリスのカードはファンシーな絵柄が多くて...今のところ、物欲は抑えられています。

私が買ったカードも、日本でも買えそうなデザインですしね(汗)
でも、ずらーっとカードが並ぶ様子は圧巻ですし、その中から男の人が一所懸命、カードを選ぶ様子は微笑ましいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

イギリス comments(2) -
ロンドン弾丸観光!
前回の記事でお話していた通り、今回はロンドン観光のことを
書こうと思います。
長くなりますが、お付き合い下さい。では、どうぞ!



日本で大雪の予報が出た頃、私は成田からロンドンへ旅立ちました。

雪で飛行機が飛ばなかったらどうしよう!と、心配していたのですが、
予定より1時間、出発が遅れただけで、飛行機は無事、飛んでくれました。

これは後で知ったのですが、私たちが飛んだ後、日本では本格的に
大雪が降ったそうで...
普段、雪に慣れていない方は大変でしたね(汗)


さて、12時間のフライトを経て...



やってきました!ロンドン!

写真は、私が一番ロンドンぽいと思う建物である、
エリザベスタワー(ビッグベン)で有名な、国会議事堂です。

突然の雨&曇天で(これが噂に聞いていたロンドンの天気なのですね...)
暗くて見えにくいですが...

写真で、そして、カモイさんのマステでも見た(ポストカードマステのことです)
ビッグベンが目の前に!

...思ったのより少し小さいかも〜!というのが第一印象でした(苦笑)
しかし、月並みですが、実際に自分の目で見ると、やはり感動しますね♪


さて、ここからは、ダイジェストでお送りします。



白く美しい、ウェストミンスター寺院。
前に王子が結婚式を挙げていた教会ですね。

こちら、入り口は南と北に2つありますが...



この北側から入場します。

朝一で行ったにも関わらず、既にたくさんの人が並んでいました。
(写真でも行列なのが見えますね。)
さすが、人気観光地なのですね...!

中は撮影NGでしたので、写真はありませんが、すんんごい立派でした!
王室関係はもちろんのこと、政治家、学者、詩人など、英国史に残る有名人が
埋葬されていたり、記念碑があったりと、英国の全てがここに詰まっている!
という感じがしました。

英国では、伝統を重んじ、そしてそれを今も受け継いでいくということを
大切にしているのだなと思いました。

...しかし、伝統を重んじるあまり、地下鉄の駅にエスカレーターがないのは
ちょっと...(あるところにはありますが、ないところが多かったです。)

コヴェントガーデンの駅で、誤って長い階段を上がるはめになってしまい、
私はロンドンで酸欠で倒れるかと思いました。伝統め...!!

さて、戯言は置いておいて、続いては私的聖地のあそこへ...!



ヴィヴィアンウェストウッド、ワールズエンド店です!

ロンドンに来たら、ここはどうしても行っておきたかったのです!
ヴィヴィアンファンにとっては、憧れの地ですからね♪

私がヴィヴィアンのお洋服にはまっていたのは、20代前半で、
今は年齢的に少し厳しいので(とほほ...加齢...)
あまり買わなくなってしまいましたが、今でも、ヴィヴィアンの世界観は
大好きです。なので、ここに来れて本当に嬉しかったです♪

ちなみに店内は、噂通り、床が傾いていました(笑)
それすら、いちいち、感動してしまいました!


そして、ここらで休憩です。



イギリスといえばの、アフタヌーンティー♪
老舗デパート、ハロッズのティールームで、アフタヌーンティーを
楽しんできました♪

スコーンに、サンドウィッチに、ケーキ...これで一人分なんですよー(汗)
案の定、全部は食べ切れませんでした。。。

ここで特筆すべきは、スコーンと紅茶の美味しさです!
スコーンは、私の中のスコーンの概念が変わりました。

やはり、餅は餅屋ということでしょうか(何か違...)


お茶を飲み、元気になったところで、次に行きます!

自然史博物館〜



いちいち建物が立派ですよね(笑)
館内は、レッド、グリーン、ブルー、オレンジの4つのゾーンに分かれています。

全ゾーン見たいところですが、時間の関係で、
私は地質&地球をテーマにした、レッドを選びました。

火山、地震をテーマにした展示では、日本の阪神淡路大震災の展示もありました。
私が住む長崎の、雲仙普賢岳のことも紹介されていました。
改めて、日本って、火山や地震の多い地なんだなぁと思いましたね。

また、鉱石コーナーには、たくさんの宝石が飾られており、
とてもきらびやかでした。

エリザベス女王やダイアナ妃の宝石コレクションなるものもあり、
とても興味深かったですよ。


続いて、大英博物館!



本当に、いちいち建物が...(以下省略)
大英博物館の中はこんな感じです。



広い!
ここでは、私はエジプトの展示を重点的に見て回りました。

もちろん、エジプト象形文字解読の手掛かりとなった、あの、
ロゼッタストーンも見てきました。

エジプトの展示は、壁画から石造まで、存在感が半端なく、
いつまでも飽きることなく、眺められる感じがしました。


さてさて、ここまで来ると、すっかり日が暮れてしまいました。
そんな中の...



ロンドン塔。ぶ、不気味...。
ここは、牢獄やら処刑やらの、いわくつきのお城のようです。

ロンドン塔を振り切って、歩くとそこには...



タワーブリッジが見えます!何て綺麗なんでしょう!
ロンドンで見た建物で、私はこのタワーブリッジが一番好きです♪


あ〜ロンドン!来てよかった〜!と、ロンドン弾丸観光は幕を...
閉じていません。。。

途中気付きましたが、バッキンガム宮殿の見学を忘れていました(汗)



というわけで、明朝、バッキンガム宮殿へ行ってきました。
昨日の曇天とは打って変わって、雲ひとつない晴天です♪

もっと、ひきで見ると、バッキンガム宮殿の大きさが分かります。



...大きい〜!
そして、バッキンガム宮殿内を走るランナーが結構いました。
日本で言う、皇居ランナーみたいなものでしょうか?

エリザベス女王もご在宅なのでしょうかね〜?
念のため、手を振って、バッキンガム宮殿を後にしました(笑)


以上、1.5日間のロンドン弾丸観光でした。
行きたいところ、見たいもの、したいこと、全部叶いはしましたが、
やはり、もっと余裕を持って、観光した方がいいと思います(笑)

さて、ロンドン観光を1.5日で切り上げて、私がどこへ行ったのか...
無駄に引っ張って申し訳ないですが、次回に続きます♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
イギリス comments(0) -
旅の予習ノート
私は、旅から帰ってきて、思い出ノートを作ることはあっても、旅に出る前に、旅の予習ノートを作ることはめったにありません。

ノートを作る程の時間がない、というのが主な理由ですが、
計画に縛られず、自由気ままに動きたいという思いがあるからです。

...が。
今回の旅先は、異国の地、何が起こるか分からない、ということで、珍しく、旅の予習ノートを作ってみました。



私が旅の予習ノートに選んだのは、トラベラーズ×ブラニフのコラボノートです。

トラベラーズノートは、表紙からして、旅!という感じがして、テンションが上がります♪

さて、ノートの中身はというと...



まず、最初のページは、持ち物リストです。
とりあえず、必要そうなものは、全部書き出しておきました。

これらを、スーツケースに入れたら、チェックマークを付けます。
これで忘れ物はしないはず...



こちらのページには、海外での通信のことや、家を空けるときの注意事項などを...。

海外で、携帯電話を使う際に、気を付けないと、高額請求の恐れがあると聞き、色々と調べたことを書いています。

ノートに書いておけば、次回、また海外へ行く際に、役立つかもしれませんね。



こちらは、出国・入国の注意事項を書いています。

なんせ、海外旅行なんてめったにしないものですから、
こうやって書いて復習しておかないと、不安で不安で(笑)

その他にも...



時差のことやお金のこと...



電車や飛行機の時間のことを書いています。

必要なことだけ、ちゃちゃっと書けばいいものを、いつもの癖で、マステやシールで、ノートのデコレーションをしないと、気が済みませんでして...

ノート作成に無駄に時間がかかったのは、言うまでもありません(汗)


このブラニフノートですが、余ったページは、旅の日記を書くのに役立てようと思います。


...さて、薄々お気付きかと思いますが、
私の今回の旅先は、イギリスです!

私は、イギリスは初めてです〜♪ルンルン♪
次回のブログの記事では、イギリスのことを少し書いてみようかと思います。

ますます、手紙・文具ブログからかけ離れていく気がしますが...(汗)
お付き合い頂ければ嬉しいです。

>にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
イギリス comments(0) -
| 1/1 |